×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4月17日(土)     虹をみたかい

 レベルを上げて良かったかもと思う瞬間。

 それは、ファウストの範囲スタンでみんなが固まる中、
自分だけ固まらずに殴り続けてるのを見た時。(゜Д゜)
無駄ではなかったのだと感じる今日この頃です。



 今回ゲットした鍵では、DAIと100k来たよ。
100k現ナマ。+゜・.ヽ(・∀・)ノ。+゜・.ヤフー!





 テーベで単騎をまったりした後は、おなじみのハイパーハーディンタイム。










 やる気スイッチを探してくれる業者があるらしい。





 COIを詰めてくれる優しい人募集。







 つーか怒涛の4連続ハーディンだったよw
みんな元気だよねえ。(゜Д゜)






 4回目が終了した時点で私の経験値は

こんな感じ。


 もう夜も遅い感じになってたんだけど、みんなラストハーディンに付き合ってくれたよ。




 そこには笑いの神が舞い降りるであろう!







 あがた!ヽ(`Д´)ノ




 花火でお祝いしてもらったよ。。+゜・.ヽ(・∀・)ノ。+゜・.
ありがとう!

 
(この後、カオスになってハーディンに蹴りだされる)





 みんながレインボウ花火を上げてくれたよ。(*'ω'*)

 レイ…ン…
ラン…ボウ…だと…?




 なんかぱぱに笑いの神が舞い降りてた。




 正しいレインボウw



 お祝いにB-ZEL頂いたので、5イベ靴に貼ったよ。

 ピギャーーーー
神は居ないのか。

OE戦跡
1戦0勝1敗
(累計:654戦151勝503敗)






 いっぱいおめでとうと言ってもらった。(・∀・)




 はい、長文行きますよ。(´⊇`)

 そんな感じでレベル70となり、虹変身が出来るようになったよ。
レベルアップして70になった事と、虹変身ができるようになったこと自体は
特に自分にとっては達成感めいたものは薄かった。あがったなあ、という程度w
しかし、こうして祝福してくれる人がいるというのは
素直にとっても嬉しいと感じるよ。すごく嬉しい。有り難し!ヽ(`Д´)ノ

 レベル70に至るまでには過ごしてきた長い年月をというものがある。…7年?そんくらい?
そんな長い間、1つのゲームを続けるなんて事はそうそう無いわけで。
そんなにも長いことやっていられたのは、やはり一緒に楽しく過ごしてきた
まわりのみんなが居たからだと思う。
…レベルアップした者のコメントとしては月並みなんだけどw
1人だったらどこかでリネをやめてただろうし。
周りの愉快な仲間達にはほんと、感謝しています。ありがとう。(・∀・)

 実際、この長い年月の中でもうやめようと思ったことは数回あった。
緩やかにやる気を失った時。もう耐えられないと思う何がしかの事件があった時。
しかし、そういう時にはどうしてか、何かのきっかけで気持ちが救い上げられることが多かった。
たまたま面白そうなイベントが始まったので興が乗ったから、やる気が出たり。
新しく仲良く遊ぶことのできる仲間が増えたから、気持ちが上向いたり。
大きな流れの中で、私はきっと幸運なほうのプレイヤーだったのだろう。
私は非常に恵まれている。たとえ貧乏でPOT買うお金が無くなる時があったとしてもだw



 レベル70を目指すと決めた日。当時レベル67の半分くらい。
その時私は…レベル70までざっと上げてリネをやめようか、と思っていた。
「…やめるのになんでレベル上げるんだよwww」と思う人もいるかもだけど、
どっか記念になるちょいどいいポイントまで上げてからにするかなーと
なんとなく思うタイプの人間もいるのです。
(←私)
まあリネ長くやってきたし、
(今のとこ)最終変身である虹になったら
もうリネ終了してもいいんじゃね?的な感じで。
やめたいやめたいと強く思ってたわけではなく、やめよっかな〜程度の気持ちだったけどね。
そんな風な70への道の踏み出し方だったんだけど、歩いていくうちに
まあ、いろいろなことがあって。
んーと、リネが久々に楽しくなってきちゃったんですね。(・∀・)ははは
イベントもたくさんあったし、単騎ちまちまとしているだけではなく
ハーディンクエストという楽しい時間もあったりね。
うん、ハーディンはでかいねえ。経験値を増やすためのものというよりは
いいコミュニケイションの場だと思う。だから好きなのよ。
単騎をやっているだけの自分のままで70Hitしたのだったとしたら、
リネはもういいやってなってただろうな。

 去りがたし、と思う仲間がそこにいるというのはとても幸せなことだね。
何かの事情やしがらみがあって繋ぎ止められているのではなく
一緒にゲームやって楽しいから、もっとやっていたいよと思うことができる相手というのが居るというのは
とても恵まれているとしみじみ感じるよ。
 私が今、楽しくリネをやっていられるのはすべて
ここに至るまでに出会うことができた宝物たちのおかげ。
ああ、愛しいお前らwwwwwwwwwwwwwうぇっへっへwwwwwww(気持ち悪い)
これからもよろしくお願いします。



 初心者のころに強く望んだ強さというものを、私は手に入れただろうか。
多分それにはまだ至っていない。
まだだな。まだまだだ。
おそらくその目指したものに到達することは、無いのだろうと思う。
しかし、そうやってはるか遠くを見ることが必要なんだねきっと。











前の日        次の日